スポンサーリンク

skypeってなに?

無料で楽しめるコミュニケーションソフト

Skypeは、無料で楽しめるコミュニケーションソフトです。
Skype同士なら、世界中どこへでも無料で通話チャットができ、Webカメラをパソコンに接続すればビデオ通話もできます。
最近ではスマートフォンのアプリでもリリースされているので携帯電話でも楽しめることができます。
無料通話といえば日本ではスマートフォンの普及とともにLINEが有名ですが、世界的なシェアやデバイスがパソコンの場合だと「無料通話といったらスカイプ!」というほど有名です。
※LINEの詳しい説明はラインとは.comをご確認ください。
日本国内ではインターネットの常時接続が当たり前になってきた頃から普及してきました。インターネット代金が定額なのでそれ以上のお金を払うことなく通話が無料ででき、 特に高い国際電話料金を払わずに外国の人と通話ができるため一部の人には根強い人気がありました。
詳細は後ほど説明しますが無料なのにスカイプは品質が大変すぐれていますので、音声品質、画質が圧倒的にきれいです。
スカイプをスマートフォンで利用している人は場合によっては通常の携帯電話同士の電話より、スカイプでの通話の方が音がクリアな場合があります。
無料というだけではなく高品質&高機能でスカイプは世界中で人気です。
いろいな人と交流したい、スカイプ仲間が欲しい人はスカイプ掲示板サイトスカイプちゃんねるをご利用ください。


skypeはさまざまなデバイスで利用できます

パソコン(windows、mac)・スマートフォン(Windows Phone、Android、iPhone、BlackBerry)・タブレット端末(Windows 8、iPad、Androidタブレット、Kindle Fire HD)・固定電話(Skypeがプリインストールされた電話機)・テレビ(Skypeがプリインストールされたテレビ)・PlayStation Vita など様々なところでご利用頂けます。

スカイプが利用できるデバイス一覧

パソコンの場合は音声通話・ビデオ通話するためにカメラ・ヘッドが必要です

スマートフォンやノートパソコンにはマイクやカメラ付のものが多いですが、デスクトップ型のパソコンにはついてないものが多いです。
その場合に音声通話やビデオ通話する場合はマイクとカメラが別途必要になります。いろいろなメーカーからたくさんの種類が出ていますが、安くても高画質のものが多いです。
ヘッドセット、カメラ画像

Premiumアカウントを取得すればもっとskypeを楽しめます

skypeは無料で利用できますが、有料会員であるPremiumアカウントを取得すればさらにいろいろな機能が使えます。
わかりやすくイメージすればヤフーのアカウントと考えてください。基本的には無料で充分利用できますが、オプション機能など利用する場合は有料となります。 まずは無料で利用して便利だなぁと感じたり、オプション機能に魅力を感じた場合はPremiumアカウントを利用するのも良いでしょう!


Skypeの語源

Skype(スカイプ)は、「Sky peer-to-peer」の略になります。 当初は Skyper(スカイパー)とする予定だったが、ドメインがすでに取得されていたので、Skypeに変更した経緯があります。

Windows Live メッセンジャーとの統合

マイクロソフトが開発したインスタントメッセンジャーであるWindows Live メッセンジャーは2013/4/8にskypeに統合されました。
skypeは2011年にマイクロソフトに買収されていますので、Windows Live メッセンジャーとskypeには似たソフトとして競合していましたので、当然の結果でしょう。
Skype移行に何をすればいいかのかと不安な方もいるかと思いますが、Windows Live メッセンジャーのアカウントでログインすればそのまま 利用可能です。友だちリストもメッセンジャーのままなので安心してご利用頂けます。

スカイプの収益源

こんなに便利なスカイプが無料で利用できているが、どうやって収益をあげているか気にならないでしょうか? スカイプの収益源は大きく2つあります。

1.広告収益

スカイプのツール内に広告が表示されることがあります。広告表示は2011年から開始されているので比較的歴史は浅いです。
Windows Live メッセンジャーと統合されたので以前により広告が多く露出し、使いづらくなるのではと言われていましたが、 利用者の利便性を一番に考えているので、広告ばかりで見難い、使いづらいといったことはありません。

2.有料会員(Premiumアカウント)

スカイプの一部機能は有料になり、利用する時間などによって料金は異なります。
有料機能は大変秀逸なのでプライベートだけでなく、ビジネスとして利用している方も多く見受けられます。