スポンサーリンク

利用環境によってSkype(スカイプ)とLINE(ライン)を使い分けましょう

LINE(ライン)との違い

無料通話で人気のLINEとスカイプはどこが違うのでしょうか?
ざっくりと言うとLINEとSkypeの違いはありません。どちらも無料とチャットが楽しめるコミュニケーションツールです。
一番大きな差といえるのはLINEは主にスマートフォンで普及し、Skypeはパソコンで普及している点です。
普及先の差がお互いの機能の差になってきています。
LINEはスマホユーザーをターゲットしてチャットに注目して「スタンプ機能」を生み出しました。
メールに変わる機能として大人気です。
Skypeは高品質のビデオ通話が人気です。webカメラを付けるだけで無料で無制限に通話ができます。
LINEもビデオ通話に対応しましたが品質に関してはSkypeにはかないません。
LINEを利用するには携帯電話番号が必要です。
スカイプは携帯電話番号は必要なくメールアドレスがあれば利用するIDの作成が可能です。
理論上複数のIDを所有できることが可能です。

SkypeとLINEの機能の一覧

詳しい機能や使い方はLINE⇒ラインの使い方ガイド、Skype⇒スカイプ使い方.com をご参照ください。
機能 Skype(スカイプ) LINE(ライン)
チャット
絵文字
スタンプ ×
無料通話
ビデオ通話 ○(高画質)
グループチャット
グループビデオ通話 ○(有料) ×
アカウントの複数利用 ×
ログインの必要 ある ない

SkypeとLINEはここが違う!長所と短所

Skypeはプライベートが守れる
・Skypeはログインしないと使えない。LINEはスマホだけでの利用ならずっとログイン状態。
⇒Skypeでは連絡を故意にうけつけなくすることができる。
・スカイプはID制なので用途によってIDを使い分けできる。LINEは仕事もプライベートも共有する。
Skypeは通話系に強い
・ビデオ通話はSkypeの圧勝。通話も圧勝。話すならSkype。チャットならLINEという人が多い。
・有料機能をつかえば電話番号も持てる

スカイプを利用する上での注意点

スカイプをスマートフォンで利用する場合、パソコン版でもそうですがログインしていないと使えません。
LINEを利用していてスカイプを利用する人はご注意が必要です。LINEは携帯の電源が入っていれば常にログイン状態なので チャットや通話がいつでもできます。スカイプはログインしないと利用できませんので、オフラインを時はチャットを送られても メッセージは届きません。これを不便ととるか便利ととるかは利用の仕方によるでしょう。

LINEはいつでも気軽に連絡がとれますが、連絡を受けたくない時は携帯の電源を切るしか方法はありません。
LINEのよくある話で既読しているのに返事がないとか、送っているの既読にならないとか面倒なケースもあります。
スカイプはオンラインにしなければ連絡を取ることが基本的にはできません。気軽に連絡を取ることはできませんが、 オフラインのときは一切連絡はきませんので、自動的に連絡を無視することができます。

LINEとスカイプを両方利用している人はプライベートはLINE、ビジネスではスカイプといったようにうまく使い分けている人も多いです。

またスカイプは実質ひとりで複数のアカウントを所持できますので、利用用途によって使い分け可能です。
スカイプのアカウントは利用規約違反や、複数の人に違反報告されると対象となるアカウントは利用できなくなります。
スカイプの交流掲示板などでむやみにスカイプIDを公開すると突然利用できなくなる可能性もありますのでご注意下さい。